◇◆◇ イベントのお部屋 ◇◆◇

【ことばの散歩道♪】

30000カウント記念のお部屋です。


       【ことば遊び♪】

詩・ダジャレ・小話・子どもとのやりとり
勘違い・言い間違いなどなどを、募集しましたぁ。

12人の方の【ことば遊び♪】が集まって
このお部屋が出来ました。
どうぞ、楽しんで下さいね。

2つのページに分かれています。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
もみじのお部屋

どんちゃん
猫★ママさん
めーべるさん
みどりさん
えんちゃんさん
ふあふあさん
あけみさん
いちょうのお部屋

みっちゃん
トンガリさん
ジョージママ
蛍さん
まみさん
おひさま



     ≪子 ど も の・お・は・な・し≫
どんちゃんちの下のお子さんの場合・・・

駅前で選挙運動をしている人を見ていて

「ママ、あの人みんなに五千円もらえていいね〜」
「?」

・・・選挙でその方は
『ご声援ありがとうございます!』と叫び続けておりました。
(ごせいえん=ごせんえん)


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

たくさんいただきもののサツマイモがあり
栗ならぬ、芋蒸し羊羹を作っていました。

子「ママ〜何作ってるの」
母「芋蒸し羊羹だよ」
子「げっ!いも虫羊羹?!」「・・・・・・」


猫★ママさんちの下の次女sayarinの場合・・・

何回も「ピーターパン!」と教えても「ピーパータン!」に
なってしまうの。(笑)
簡単なのにどうして言えないのかな〜 (^^ゞ

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

食事をする時「おかし!」と連呼するsayarin。

「お菓子は今、食べへんよ。ご飯の時間」と
よく叱ってしまうけど、
よく考えてみたら「お箸!」と連呼していたsayarinだった。


猫★ママさんちの長女maimaiの場合・・・

イチゴが大好きで食べる時いつも
練乳をかけて食べるんだけど、

「トウニュウかけて!」って間違うの。
何度教えても「トウニュウやったな」と
間違えてばっかり。

「マクドナルド」も言えなくて、
「マクナルード」と言ってた
時代もあるよ。

          
小猫の絵本箱


      猫★ママさんのホームページ     
めーべるさんちの息子さんの場合・・・

つけたしことば編
ただいまンモス。おかえリンゴ。
 (長男が1年生の頃よく言っていた)

おしまいまいかぶりんごりらっぱせり。(次男)

聞き間違い編
へび級って、へびみたいにながいの? (次男)
(ヘビー級の聞き間違い)

覚えまちがい
もう、ぼく、怒り、堪能してるんだから・・・。(次男の迷言)
(怒りを堪能するという表現、しばらくわが家で流行りました)

言い間違い
デジッポット(正しくはデポジット) (長男はいい間違え名人)
      
めーべるの部屋


    めーべるさんのホームページ
みどりさんちの場合・・・

長女の受験勉強の、国語の問題で
慣用句を使って作文をつくる問題を解く中で、
みんなでおもしろがって作った珍解答です。


「いかにも」
  すいかにも種がある。
  イカにもタコにも足がある。

「やがて〜ろう」
  矢が鉄砲に勝てるわけがないだろう。

「かなりの」
  ばかにはばかなりの生き方がある。

「どんより」
  うどんよりそばが好きだ。

「もし〜なら」
  もしもし奈良県の人ですか?

「まさか〜ろう」
  まさかりかついだ金太郎。

「うってかわって」
  彼は麻薬をうってかわってしまった。

「〜らしい」
  名犬ラッシィはかしこい犬だ。

「もし〜なら」
  ニホンカモシカならではの跳躍力だ。

「〜のように」
  あの夜ウニなんて食べなければよかった。
    
ポプラ文庫


      みどりさんのホームページ


     ≪ おとな の・お・は・な・し ≫
えんちゃんの勘違い・・・

新年早々、関東の方で、寒さのため電車が止まってしまいました。
そのニュースを聞いたダンナが

ダンナ 「1000人が 電車の中で 夜を 明かしたんだって」

私   「え〜〜っ!? 1000人が 電車の中で 湯を 沸かしたん?」

ダンナ 「は? 何で 仙人が 電車の中で 湯を 沸かすねん?」

MY FAVORITE

      えんちゃんのホームページ


ふあふあさんちのハル氏の言い間違い・・・

「ペディグリーチャム 逆切れ」
 (「ペディグリーチャム ざく切り」が正解。)

ふあふあ文庫

     ふあふあさんのホームページ


あけみさんの子どもの時の言葉・・・

私が小さかったとき、母の背中で言ったという言葉。

母が私をおんぶして外を歩いていたとき、月が出ていて、
それを見た私が言ったのだそうです。上弦の月だったので
お月様がねているように見えたのね、きっと。

「おつきさんが ねんねしながら、どんどんついてくるね」
   
伊東明美の翻訳者の小径


    あけみさんのホームページ


次のページへつづく

Home